ピアノの調律を依頼するべき専門業者の選び方

ピアノの調律を依頼するべき専門業者の選び方

ピアノ

調律師を探す

ピアノの調律を専門に行っているのが、調律師です。ピアノのメンテナンスは、調律師に依頼するのが一番でしょう。専門業者を利用する場合、調律師がいるかどうかも確認しておく必要があります。専門業者のホームページなどを覗いて、ピアノ調律技能士の資格を持っているか調べておきましょう。この資格を持っているなら、安心して調律を依頼することができます。

経験が豊富

調律師の経験についても注目しておくと、失敗することもなくなるでしょう。調律師のプロフィールをチェックすることも大切なのです。どのような学校を卒業しているのかについても調べておきます。有名な音楽学校を卒業している調律師なら、信頼することができるからです。また、調律の経験についても見ておくようにしましょう。経験豊富な調律師がベストです。

価格も確認

ピアノ調律の専門業者を利用する時、価格もチェックしておく必要があります。基本的に価格は高すぎても安すぎてもダメなのです。極端な価格を提示している業者の利用は避けるようにしましょう。また、価格が不透明な業者にも注意が必要です。複数の業者を比較してみると、価格の相場が分かるようになります。価格相場に近い業者を利用するのであれば問題ないでしょう。

利用者の評価

業者を利用した人の評価も、良い参考材料になります。しっかりと評価を見ておきましょう。利用者からの評価が高い専門業者を利用するのが基本です。また、口コミなどの評価をチェックしておけば、業者の特徴を把握することができます。ピアノ調律のために専門業者を探している人がいれば、口コミなどにも目を通しておくようにしましょう。

簡単なピアノの手入れ

ホコリを払う

ピアノの表面についているホコリを払うのも大切な手入れです。基本的にホコリが溜まる前に、軟らかい布などではらうと良いでしょう。また、ピアノ専用の羽毛などを使うと綺麗にホコリをはらうことができます。できれば毎日続けましょう。化学雑巾などを使うとピアノが傷ついてしまう可能性があるので、使用は控えるようにします。

ワックスを使う

ピアノの艶を維持する為には、ワックスなどを塗るのが一般的です。専用のワックスを使うと良いでしょう。定期的にワックスがけをしておけば、綺麗な艶が保てます。また、ピアノのメーカーや機種によって使うワックスが変わってくるので注意です。専門業者に相談しながらワックスを選びましょう。

鍵盤も拭く

ピアノの外側だけではなく、鍵盤も使用後に拭くようにします。ピアノの外側を拭いた布とは別の布を用意しましょう。拭く場所によって使い分けるのが大切です。柔らかめの布であれば問題ありません。また、外側を拭く時と同じように、化学雑巾などは避けるようにします。丁寧に拭いておけば状態を維持できるのです。

洗剤で拭き取る

目立つ汚れには、中性洗剤が効果的です。中性洗剤を布に薄く染み込ませたら、固めに絞ります。しっかりと絞ったら、丁寧に汚れを拭いて落としましょう。中性洗剤を薄く染み込ませることで、汚れが落ちやすくなるのです。また、アルコールなどを吹き付けてしまうとピアノが劣化してしまう可能性もあるので注意しましょう。

カバーをかける

基本的にピアノを保管する場合は、専用のカバーをかけるようにしましょう。ホコリ等からピアノを守ってくれます。しばらくピアノを演奏する予定がない時には、カバーをかけて保管するのが適切です。専門店などでカバーを探すと良いでしょう。

広告募集中